神奈川県のエピレーシック

最近では、視力回復の方法として、レーシック手術を希望する方がとても多いですよね。それもそのはず。レーシック手術を受ければ、めがねやコンタクトレンズなしで、裸眼でもクリアな視界を取り戻すことができるからです。ですが、ご存じでしょうか?レーシック手術は、誰でもが受けられるというわけではないのです。角膜の上皮細胞を剥離させ、フラップという薄いかんなのような蓋状の膜を形成し、その下部の角膜実質をレーザーにて削ることで屈折率を変化させて、視力を回復するのがレーシック手術。もともとの体質により角膜が薄い人や、激しい運動をし、フラップが剥がれやすい人、極端に視力の悪い弱視のような方は、角膜を削ることが危険であるため、レーシック手術を断られてしまうことがあるのです。では、そういった方はレーシックを諦めなければいけないのでしょうか?その答えはNOです。最近では、レーシック手術の方法もさまざまな種類があり、エピレ―シックならば、角膜の薄い方でも大丈夫なのです。エピレーシックでは、通常のレーシックに比べて、薄いフラップを作製することが出来るからです。しかも、フラップが薄いため、最終的にはこのフラップが全て消失し、新しい上皮細胞が形成されますので、激しい運動を行う人であってもフラップが剥がれる心配がないのも、エピレ―シックの特徴です。フラップが作製されるまでは、痛みを伴うので、サングラスを着用しなければいけませんが、その後は裸眼で生活できるのです。他の病院でレーシックを断られた方は、神奈川にもエピレ―シックを扱う病院が多数ありますから、ぜひ行ってみて下さいね。

 

美容整形 大宮

美容整形 東京

レーシック 札幌

美容整形 福岡